植物ブログ。折々の草花

植物の観察をブログに書いていきます。

カミキリ

今年の夏は、暑い。 この夏に入り、カミキリを2度も見た。 白い点々のある甲虫だ。長い触覚があり、シャープな印象。 カミキリは、「紙切り」なのか、「髪切り」なのか? 疑問に感じていた。今は、「髪切り」だと思っている。 一人が、髪の毛を一本、両手の…

黄花スカビオサ (ムーンダンス) ②

↑(7月13日撮影) 黄花スカビオサ 開花しました。つぼみもたくさんついています。色は、クリーム色で、おとなしめな印象です。

モウセンゴケ アリキアエ 開花

↑(2022.7.11撮影) モウセンゴケ アリキアエ開花しました。ピンク色の花でした。花茎は長いです。 去年、ほーむせんたーで購入しました。植え換えをしなかったのがよくなかったのかもしれません。カペンシスやビナータに比べて生気がありません。モウセンゴ…

モウセンゴケ カペンシス ② 開花

↑(2022.7月10日 撮影) モウセンゴケ カペンシス(アフリカナガバモウセンゴケ)が、開花しました。白花でした。気温が高いのが適してしるのか、モサモサ繁り、粘液もキラキラとしていて、元気いっぱいです。もちろん、今も腰水管理をしています。

松虫草(スカビオサ) ムーンダンス

↑(2022.7.7撮影) 〈松虫草(スカビオサ) ムーンダンス〉。まだ、開花していません。もうすぐ、開花すると思われます。 去年1株だけ購入したのですが、こぼれ種であちこちから芽を出しました。これは、ポット上げした株です。 〈松虫草(スカビオサ)デー…

マツモトセンノウ

↑(2022.7月6日撮影) マツモトセンノウの花が咲きました。朱色がきつい印象の花です。ナデシコ科の花にしては、おおぶりです。葉は銅葉色。何日間、咲いているのか楽しみです。この植物は、購入してから何年かたつのですが、じっくり見たことがありませんで…

シレネ スワンレイク

↑(2022.7.5撮影) シレネ スワンレイク Silene 'Swan Lake'。 ナデシコ科の花です。 今年、ゴールデンウィークに、開花株を購入。白花八重の大輪咲きで、名前負けしない豪華な花です。花の時期は、4~5月ということですが、秋にかけても、ぽつぽつと咲くよ…

河原ナデシコ②

↑(2022.7月1日 撮影) 今日、庭を見ていたら、たまたま見つけました。薄ピンクの花びらに、白色のスジが入っています。これは、何年か前に購入して、翌年から、出会ったことがなかった「シボリザキ」ではないかと思われます。 絶えてしまったと思っていまし…

朝顔観察3

↑(2022.6.29撮影) 本葉が出てきました。 ↑(2022.6.29撮影) こちらは、双葉が開ききる前に、本葉が出てきました。 種袋によると、本葉が3~4枚のころまでに、間引いて1本立ちにするのだそうです。生育期に、固形肥料か液肥を与えると良い、とのこと。連日の…

ホタルブクロ

ホタルブクロの花が咲きました。 ↑(2022.6.28撮影) まだ、いくつかつぼみがあります。ホタルブクロは非常に強健です。 ドライブしていても、この時期には、道ばたで咲いているのをよく目にします。 地下茎でも増えるし、こぼれ種でも増えるそうです。 花を…

河原ナデシコ①

暑い。 最近、暗くなる前の夕方に水やりをしていました。今日、夕方に水やりを始めたら、大輪エーデルワイスとヒマラヤウスユキソウの葉っぱが、くてっとしていました。エーデルワイスの仲間は、暑い時期の水切れは苦手なんだなとあらためて思いました。アキ…

宿根ネメシア②

↑(2022.6.26撮影) 宿根ネメシアの花がだいぶ減ってきました。 ↑(2022.6.26撮影) ばっさり、切り戻しました。2番花があがるのを期待しています。 ↑(2022.7月14日 撮影) 6月26日にばっさりと切り戻したネメシアに、2番花があがりはじめました。思ってい…

ホソバヒメタムラソウ(細葉姫タムラソウ)

↑(6月24日 撮影) ホソバヒメタムラソウ 8~10月にアザミの小型バージョンみたいな花を咲かせます。強健な植物です。耐寒性が強いので、冬は地上部がなくなりす。知っていても、冬に地上部がなくなると、はらはらします。来春、芽が出てくるのかな? 今年も…

斑入りタンナワレモコウ

今日は、風が強く吹いています。 さて、 ↑(2022.6.24撮影) 斑入りタンナワレモコウです。見えにくいですが、花茎が一本上がっています。綿棒の先みたいな花穂があります。しだいに、花びらはない形状の花が咲き、赤というか、ピンクというかに色づいていき…

朝顔観察2

② 朝顔 発芽 2022.6月21日 ↑(2022.6月21日 撮影) 17粒撒いたうちの2粒が発芽していた。 ③ 朝顔 双葉がきれいに開いた 2022.6月23日 ↑(2022.6月23日撮影) 双葉がきれいに開いた。現在、17粒ちゅう、3粒発芽。 ④ 朝顔の芽、依然3芽しか発芽していない。(2…

南天(ナンテン)

南天は、「南天→ナンテン→難を転ずる」という、言葉の連想によって、日本人に縁起物として好まれている樹木です。 赤い葉に赤い実というのが、この植物のなじみのあるイメージですが、それは、晩秋から冬にかけての姿です。 梅雨時から夏にかけては、紅葉の…

白花ムシャリンドウ

↑(2022.6.20 夕方 撮影) ムシャリンドウの白花が咲いた。少し水色の点々が入っている。青花のムシャリンドウに比べると、葉や茎の色が白っぽい。 ↑(2022.6.8 撮影) 青花に遅れること、約2週間の開花だった。葉や茎の色が白花に比べると濃い。 ↑(2022.6.2…

アキレア

↑(22.6.18 撮影)アキレアの花。 花の時期は、6~8月。 キク科アキレア属の植物。 別名は、西洋ノコギリソウ(アキレア ミレフォリウム)。ヤロウという別名もある。 写真は、Achillea millefolium 'Laura'。 耐寒性が強く、丈夫な植物とのこと。冬が近づき…

朝顔観察1 

① 朝顔の種を撒いた。2022.6月17日 ↑(2022.6月17日 撮影) ↑(2022.6月17日 撮影) アタリヤ農園さんの〈巨大輪朝顔暁の混合〉という種を撒いた。花径が18㎝にもなる巨大輪の朝顔だそうだ。 内容量は、1.2ミリリットルということで、17粒入っていた。中には…

大輪エーデルワイス

↑(2022.6.16撮影) 大輪エーデルワイス ↑(2022.6.16撮影) ヒマラヤウスユキソウ 大輪エーデルワイスのほうが、ヒマラヤウスユキソウよりも花が少し大きい。大輪エーデルワイスのほうが、ずんぐりしている印象。 ヒマラヤウスユキソウのほうがわさわさ繁る感…

月見草

黄花の月見草が咲きました。何年も前にホームセンターで買ったものです。月見草にもいろいろな種類があって、詳しい名前は、わかりません。月見草というと、夜に咲くイメージですが、これは昼間に咲いています。 冬は、確か地上部が枯れていました。「地上部…

食虫植物の育て方 (クリオネ苔・ウサギ苔)

夏が近づくとホームセンターの植物のコーナーに並ぶのが食虫植物。食虫植物、風鈴、朝顔、蚊取り線香。夏の風物詩ですね。あとは、金魚、よしず、すいかetc. 食虫植物を見ると、思わず買いたくなってしまう人も多いと思います。ですが、いざ、買って育てると…

クリオネ苔(ウトリクラリア ワーブルギー) 株分け

クリオネ苔(ウトリクラリア ワーブルギー。 食虫植物。苔類ではない。)が、暖かくなり元気に増え始めたので、株分けをすることにした。 やり方は、いたって簡単。適当な大きさに、ちぎるだけ。ちぎったら、用土に植え込む。今回は、ピートモス+赤玉土+鹿…

クリオネ苔(ウトリクラリア ワーブルギー) 

花は、「流氷の天使」の異名を持つ「クリオネ」に似ている。ウトリクラリアの一つ。本名は、「ウトリクラリア ワーブルギー」。 ウサギ苔→ウトリクラリア サンダーソニー クリオネ苔→ウトリクラリア ワーブルギー 《クリオネ苔 データ》 学名 Utricularia wa…

ユキノシタ

↑ (2022.6月11日撮影)ユキノシタ開花。 今年もユキノシタ(雪の下)が開花した。今年の花茎は短くて20㎝弱くらい。今年の株は、小ぶりだ。土の肥料分が少なかったのかな? ユキノシタは、半日陰と湿り気を好む耐寒性の強い宿根草。花の時期は短いけど、葉…

宿根ネメシア①

地味なんだけど、ピンクの小花が可愛い! 今日、鉢に植え換えてみた。耐寒性宿根草とネームラベルに書いてあったけど、本当に宿根するのかな? 冬越しできるのかな?来年、咲くといいな。 《宿根ネメシア データ》 科・属。 ゴマノハグサ科 ネメシア属 ☆ネメ…

マルバヒメヒナギクとヒマラヤウスユキソウ

マルバヒメヒナギクとヒマラヤウスユキソウを寄植えにしてみた。どちらも、耐寒性の強い宿根草。また、花の咲く時期も重なる。 マルバヒメヒナギクは、ゴールデンウィークに、お店で購入以来ずっと咲いている。花期は、春から初夏。冷涼地では秋頃まで咲くら…

ムシャリンドウ開花

↑ (2022.6月8日 撮影) ムシャリンドウの青色の花が咲いた。この植物は、リンドウの仲間ではなく、シソ科の植物。葉っぱや草全体の様子は、「ローズマリー」に似ている。ローズマリーも、同じくシソ科の植物だ。 数年前の購入品だが、挿し木の発根率が高い…

食虫植物かな

今週のお題「夏物出し」 子どもの頃、夏が近づくと母が行李(こうり=衣装ケース)を出し、冬物の服と夏物の服の入れ替えをしてくれた。また、父は窓に「簾(すだれ)」を掛けてくれた。 蚊取り線香立てや、風鈴などが押し入れの奥から取り出されてきたりも…

ウサギ苔(ウトリクラリア・サンダーソニー)

↑ (2022.6月5日 撮影) うさぎ苔 ↑ (2022.6月5日 撮影) うさぎ苔 少しアップ ウサギの形をした花が特徴的なウサギ苔は、食虫植物。〈ウトリクラリア〉の仲間だ。苔の仲間ではない。ウトリクラリアは、地下茎に捕虫袋があり、ミジンコなどの虫を捕食してい…